MENU

即日融資に申し込んだ時に行われる在籍確認の詳細

世の中には即日融資をしてくれる会社はいくつもありますが、その審査の過程で行われる在籍確認は即日融資でも必ず行われます。それでは、何を確認するのかと言いますと、申し込みをしてきた人がその会社に本当に勤務しているかどうか、つまり在籍しているかどうかを確認するのです。

 

なぜこのようなことをするのかというと、もし申請してきた本人が会社を偽って書いていたり、在籍をしていないにもかかわらず虚偽の申告をしている可能性がないとも限らないため、キャッシング会社としては電話確認をして、身元が正しいことをきちんと確認してから融資をするのです。これはお金を貸す会社としては当然のことなのです。

 

会社や担当者によっては柔軟な対応が可能

キャッシング会社も申請者に迷惑がかかるような確認の仕方はしません。たとえば申込者が過去にキャッシングやローンで実績があり、他の金融機関を利用していて特に延滞事故などを起こしていないなどの実績が認められれば、特に確認は必要ないだろうということで、確認がない場合があります。

 

さらに会社の休日が土日祝日だという場合には、休日明けに確認の電話が来るというケースもありますので、電話確認をしてほしくないという方は、キャッシング会社に在籍確認に関してなんとかできないかということを相談すると、他の方法を提示してもらえる場合があります。

 

最短で借入れできるキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

しかし、在籍確認自体はすぐ終わる

 

確認は単純

職場へキャッシング会社から電話がかかってくると思うと不安になる方もいるでしょうが、実際はそんなに不安になる必要はありません。勤務先へかかってくる電話の一例は以下のような形になります。

 

「○○と申しますが、○○様はいらっしゃいますか?」
「はい、おりますが、どのようなご用件でしょうか?」

 

など、こうして簡単なやり取りで確認が完了します。キャッシング会社は相手方が「おりますが」と言った段階で、会社へ在籍していることが確認できたので、この時点で終了になります。この答えが返ってきた段階で担当者は怪しまれないように電話を切ります。取り次いでもらって電話に出ても大丈夫です。

 

在籍確認時に社名は言わない

また、消費者金融の場合、会社名は名乗りません。ですから会社にもキャッシングの在籍確認ということはバレずに済みます。しかし、銀行の場合には会社名の名乗りは入りますから、もし不安なら最初から銀行から電話が来るかもしれないということを会社の人に伝えるなどの配慮も必要でしょう。

 

電話確認が失敗するケースとは

中には電話での在籍確認が失敗するケースが存在します。それは会社自体の個人情報のセキュリティの問題です。近年は個人情報の保護が急務になっており、どの企業も個人情報保護には敏感になっています。それだけに知らない人間から会社に名指しで電話が来ると、不審者かもしれないという疑惑を抱かれ、「お答えできません」と言われてしまうことがあります。

 

その確認作業が失敗すると、後日、再度行われることもありますが、同じことにならないよう、キャッシング会社へは「在籍確認の時は家族名義でお願いします」とか「取引先の会社名でお願いします」といったことを告げておくと失敗しません。また、最近は会社によっては電話の代わりに源泉徴収票や給与証明書の提出で在籍確認を完了させる会社もあるので、そういった会社を選ぶこともひとつの手段です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日