MENU

銀行カードローンの取り扱いには要注意

配偶者にも秘密にしてキャッシングを利用しようとした場合、問題になるのがキャッシング会社からの郵便物です。キャッシング会社もプライバシーに配慮していますので郵便物に直接、会社名が表記されていることはまずありません。

 

しかし家族であれば正体不明の郵便物を勝手に開けて確認してしまうケースも起こり得るでしょう。そのような事態を避けて妻や夫に秘密にしたままキャッシングを利用したいのであれば、そもそも自宅に郵便物が届かないよう工夫をしなければいけません。

 

主婦におすすめのカードローン!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

ローンカードの受け取り方法

まず壁として立ちはだかるのがローンカードの受け取り方法です。キャッシングの申し込みや審査はインターネットでも可能ですが、その場合にもローンカードは郵送されてきてしまいます。これを避けるには申し込み時にローンカードの受け取りを自動契約機で行う設定にしておくことが必要です。

 

多くのキャッシング会社では申し込み時にローンカード受け取りを自動契約機で行う選択肢が用意されていると思いますが、もしそれがない場合でも備考欄に自動契約機受け取りを希望すると申告しておけば大丈夫です。審査を通過したら自動契約機に向かいそこで手続きをしてカードを発行しましょう。手続きの方法は事前に公式サイトなどで調べておきましょう。

 

また自動契約機で申し込みと審査を行うことも可能ですが、審査が長引いた場合はずっと自動契約機の前で待ち続けていなければなりません。ですので無駄な手間を省くためにも申し込みから審査まではインターネット上で行い、ローンカードの受け取りだけを自動契約機で行うのがスマートでしょう。

 

もう一つキャッシング利用が露見するパターンで多いのが、配偶者同士で通帳を共有している場合です。銀行振込の記録記載が妙に偏っていれば当然不審に思われてしまいます。口座引き落としなら月に一度のことだからバレないだろうと油断していると、その月に一度が毎月繰り返され通帳に奇妙な違和感を残すことにもなります。

 

返済にはATMを使うのがおすすめ

通帳にキャッシング利用の痕跡を残したくないのであれば、返済にはATMを使うのがおすすめです。ATMならば明細書がその場で発行されますので通帳に記載が残らずに済みます。ただしキャッシング会社のなかにはATMを利用してもそこで明細書が発行されず自宅郵送になってしまうところもあります。利用したいキャッシングサービスの明細書の扱いがどうなっているのかは事前に公式サイトなどでよくチェックしておきましょう。

 

パートなどをしておらず自分自身の収入を持たない専業主婦は通常、総量規制の影響でキャッシングの利用ができません。銀行カードローンを使えば専業主婦であっても借入は行えるのですが、その際には大きな注意事項があります。

 

銀行カードローンを専業主婦が利用する場合には、配偶者の収入が安定していることとその配偶者の許可を得ていることを条件としている会社が多くあります。そうなると配偶者に秘密でカードローンを利用するのは違反となってしまいます。

 

ですが大手の銀行カードローンのなかにも配偶者の許可なく本人の確認だけで融資をしてくれるサービスも存在します。代表的なものでは楽天銀行スーパーローン、みずほ銀行カードローン、イオン銀行カードローン、横浜銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイック、ソニー銀行カードローンMONEYKitなどが該当します。ただし収入のない専業主婦だと限度額は低く抑えられてしまいます。

 

また最悪のパターンとして返済を滞納してしまいキャッシング会社から自宅に連絡が入り、それを配偶者が受け取ってしまうというものがあります。返済は計画的に行い、これだけは絶対に避けなければいけません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日