MENU

そこまできたら金融事故を恐れずにやり直す決意を

借り入れの段階では返済の見込みもあったけれども、状況が変化してどうしても返済が苦しくなって困ってしまうといった事もあるかもしれません。なんとか返済をしようと思い、新たにキャッシングをしてそれを他のキャッシングの返済に回してしまうという悪循環が起きてしまう事も現実にはあります。

 

そのように自転車操業状態で借金を回してしまっている段階で、返済は進むどころか返すべきお金をどんどんと大きく膨らませてしまっているという事になります。延滞を繰り返してしまうと、信用情報に事故として記載されてしまうため、新たに借金をする事が当面不可能となってしまいます。

 

そうした状況の人につけこんで、法外な金利で貸し出す悪質な貸金業者もたくさんあります。一度でもそのような業者と取り引きしてしまうならば、まさに身ぐるみはがされてしまい家族にも周囲にも多大な迷惑をかけてしまうといった事態も起きてしまいかねません。

 

厳しく言えば、返済が苦しくなってしまった時点で借金をするという立場にはありませんので、まずはそれ以上借金を増やさないように行動する事が先決でしょう。おまとめローン等で一本化すれば金利も低くて返済日もまとまるので、それでなんとか解決できそうなのであれば、まずはおすすめしたい方法です。

 

ですが、金融事故状態となっていて新たな審査なども受けられず、それすらももう無理な状況なのであれば、借金から逃げるのではなくて、債務整理を行うようにしましょう。債務整理は自分の力で行うのはかなり難しい事なので、弁護士や司法書士などの専門家に相談するのが一番です。ですが、そのような事を頼む専門家選びも慎重に行わないと、中には債務整理を利用した悪い業者もいるので注意したいものです。

 

債務整理とは

債務整理はなるべく避けたいと思うかもしれませんが、既に借金でどうにもならなくなっている人にとっては唯一といっていいほどの救済策です。債務整理と一口に言ってもいろいろと方法があり、借金を減額してもらって返済しやすくしてもらったり、条件付きですが住宅ローンをそのまま支払いながら債務整理をする方法もあります。

 

また自己破産となると様々な制限も付いてくるかもしれませんが、借金の返済の為にお金を工面する生活に比べればはるかに楽になる事ができるでしょう。債務整理をすると、向こう数年間、長ければ10年ぐらいの期間で個人信用情報に事故として記録されてしまいますが、消費者金融等の返済を滞納し続けていたのであれば、その段階ですでに事故情報は記録されており、同じく数年間はその情報が残ります。

 

金融事故を起こしてしまう状況であるならば、借金ができない心配よりも生活を今ある収入で回せるように立て直す事がまずは優先事項でしょう。

 

事故情報はいつかは消える

金融事故になれば信用情報に記録がありますから、新たにローンを組んだりクレジットカードを作ったりする事ができない生活になります。それまで借金をする事が日常化していた人にとっては、当面その借金ができない生活水準を安定させるのも大変と感じるかもしれません。

 

債務整理でも長い期間信用情報に影響を及ぼすのが自己破産です。全ての借金が免除される自己破産の場合には最長で10年間記録が残る事になります。任意整理や個人再生など、いくらかずつでも自分で返済をしていく方向のものであれば完済後5年間は記録が残りますが、自己破産の時ほどに身の回りのものを整理しないで済みますので、失うものも少なくて済みます。

 

それでもいずれは必ず信用情報が回復する日がきますので、借金にまみれた生活を一度リセットしていい形で人生をやり直すためにも、債務整理を有効活用していきましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日