MENU

限度額とは何か

借り入れ限度額というのは、キャッシングを利用する人に業者側がここまでなら貸しますよという金額の事をいいます。お金を貸すという事は、やはり信用がとても重要な要素になります。とても返してくれそうもない人にはお金を貸せないというのは当然の事です。金融業者はみず知らずの人にお金を貸すわけですから、いきなりいくらでも貸しますというわけにはいかないのも納得できます。

 

審査では、その人がお金を貸すのにあたり信用がおける人物か、またいくらぐらいまでなら貸してもきちんと返済する力があるのかを調査する事になります。最初に自己申告した内容に基づいて電話や書類で確認をしたりしますが、それでも最初から多くの限度額が付くという事はあまりありません。

 

消費者金融では収入の3分の1以内であれば貸し出しができますが、まだどのような利用をするか実績がないうちは、低めの限度額からのスタートになるでしょう。借り入れに対してきちんと返済実績を積み重ねていくと信用が上がりますから、業者の方から限度額の増額を提案される場合もあります。

消費者金融一覧

 

限度額は低めだけどパート・アルバイトも利用可能!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

 

限度額が決まるまで

キャッシング会社が審査で限度額を決める時に参照される情報はいくつかあります。

 

勤務先

キャッシングを申し込めば、必ず申告しなければならない勤務先情報は、在籍確認をして虚偽の申告がないかも調査されます。職業別で見ると公務員が最も信用度が高く、個人事業主等の収入が不安定な職業ほど信用度が低くなります。

 

加入している保険

保険の種類は、社会保険であれば会社に所属している人でなければ持っていないものなので、勤務実態に関する信用を得られます。

 

勤続年数や居住年数

勤続年数や居住年数が長いと、収入や住居が安定しているので信用があります。あまりコロコロと仕事や住まいを変えていると、借金が支払えなくなった時にすぐにいなくなってしまうかもしれないというリスクと捉えられてしまう場合もあるからです。申告した住所に本当に住んでいるかどうかを証明する必要もありますから、本人確認書類等に記載されている住所と申告した住所が一致している必要がありますし、もし違えば公的な書類で住所を証明しなければなりません。

 

利用目的は何か

利用目的がギャンブルや借金の返済など、明らかにおかしい場合には貸し出しにはより慎重になる可能性があります。キャッシングは目的自由の無担保ローンとはいえ、やはり明確に目的がはっきりしている方が安心してお金を貸す事ができます。

 

以上のような点を総合的に踏まえて、無理のない限度額が設定されます。最初に本人が希望した限度額通りになる事もあれば、それ以下の事ももちろんあります。正社員などある程度まとまった収入がある人は限度額が多くつく事もあるかもしれませんが、パートやアルバイト、派遣などの非正規雇用であれば、限度額は10万円程度になるでしょう。

 

限度額は多い方がいいと思うかもしれませんが、無駄に借り過ぎてしまわないようにするためにも、必要最低限にしておく方が賢明です、より多く借りるよりも、計画的に早く返済できるようにしたいものですね。

限度額が決められてしまうのは何故?

キャッシングは、好きなだけ借り入れができる訳ではありません。キャッシング会社では、審査をして申し込み者に返済能力があるのかを判断したうえで貸しています。ですが、どれだけ借り入れができるのか、その限度額はどうやって決められているのか気になりますよね。

 

総量規制に基づいて

  • 総量規制では、年収の3分の1までと決まっています。
  • 職種や雇用形態などを通して審査されます。

総量規制とは | 貸金業法について

 

限度額いっぱいに借り入れを希望する場合は、収入証明書が必要となります。それから、信用情報機関にて過去に事故情報となる返済遅延や滞納を起こしていないかなどを調べます。信用情報は、キャッシングだけでなく、クレジットカードや公共料金の支払い状況なども見られます。支払い状況だけでなく、申し込み情報も信用情報機関では確認することができるようになっています。初めてキャッシングする方は、限度額ギリギリまで借り入れを希望するよりは、低めの設定にして申し込んだ方が、審査に通りやすいですよ。

 

限度額の設定が無かったら

限度額は、申し込み者の収入に見合った借り入れをしてもらうことで、無理な借り入れによる多重債務を防ぐことができます。実際に、年収の3分の1借り入れができたとしても、返済や金利のことを考えると大変ですよね。限度額がなく、好きなだけ借り入れができてしまったら、キャッシング会社側としても回収できるかどうか不安が付きまとうことになってしまいます。

 

しかし、限度額があるせいで、マンションや車の購入ができなくなってしまったら不便ではないかと、思いますよね。そういった時のために、総量規制対象外となる商品が用意されているので、大丈夫なんです。また、限度額は、契約者の返済態度や借り入れ状況などによっては、限度額を引き上げてもらうことができる場合があります。

 

その場合は、自分から申し込んで審査をしてもらう方法と、キャッシング会社側から勧誘されるというケースがあります。キャッシングは、無理をして借り入れをする訳ですから、限度額があった方が、無理なく返済プランを立てることができるのです。

 

  • 限度額は審査で決まる!
  • スピード審査を求める場合は、限度額は低くする!
  • 後々、限度額は申し込みか勧誘でアップすることができる!

 

結論

限度額が決められていることで、借り過ぎて多重債務に苦しむことがなるなります。住宅ローンなどの場合は、総量規制対象外となっているので限度額とは関係ありません。

 

また、銀行であれば総量規制対象外なので、キャッシング会社で審査に落ちても銀行であれば借り入れができる場合もあります。いずれにしても、限度額は自分の身の丈に合った金額だと理解することが重要です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日